[日経新聞] 20191/26読書面で紹介された書籍

『10億分の1を乗りこえた少年と科学者たち』 / マーク・ジョンソン

『ぼくの伯父さん』 / 福島 紀幸

『承久の乱』 / 坂井 孝一

『愉楽にて』 / 林 真理子

『我的日本』 / 呉 佩珍

『不敗のドキュメンタリー』 / 土本 典昭

『ニューカルマ』 / 新庄 耕

『東京格差』 / 中川 寛子

『一切なりゆき』 / 樹木 希林

『壁の向こうの住人たち』 / A.R.ホックシールド

『帰還』 / ヒシャーム マタール

『「演劇の街」をつくった男』 / 本多一夫

『政治の衰退』 / フランシス・フクヤマ


『おとぎカンパニー』 / 田丸雅智

『Tap』 / アニンディヤ・ゴーシュ

『福岡市を経営する』 / 高島 宗一郎

『時の過ぎゆくままに』 / 佐々木史朗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする