[週刊新潮] 2019/1/124号で紹介された書籍

『ゴールデン街コーリング』 / 馳 星周

『何があってもおかしくない』 / エリザベス ストラウト

『柳は萌ゆる』 / 平谷 美樹

『核兵器』 / 多田将

『ガルシア=マルケス「東欧」を行く』 / ガブリエル ガルシア=マルケス

『贖罪』 / イアン マキューアン

『老いた家 衰えぬ街』 / 野澤 千絵

『いま、息をしている言葉で。』 / 駒井 稔

『ウイルスは悪者か』 / 髙田礼人

『革命とサブカル』 / 安彦 良和

『拗ね者たらん』 / 後藤 正治

『炎上弁護士』 / 唐澤 貴洋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする