[日経新聞] 2018/12/22 読書面で紹介された書籍

『FEAR 恐怖の男』 / ボブ・ウッドワード

『エドゥアール・マネ』 / 三浦 篤

『探偵小説の黄金時代』 / マーティン・エドワーズ

『記憶術全史』 / 桑木野 幸司

『わたしの家族の明治日本』 / ジョアンナ シェルトン

『荒仏師 運慶』 / 梓澤 要

『怖い橋の物語』 / 中野京子

『怖い短歌』 / 倉阪 鬼一郎

『生産性とは何か』 / 宮川 努

『絶滅できない動物たち』 / M・R・オコナー

『〈効果的な利他主義〉宣言!』 / ウィリアム・マッカスキル

『すべての医療は「不確実」である』 / 康永 秀生

『建設テック革命』 / 木村 駿

『照明家人生』 / 吉井澄雄

『旅する天皇』 / 竹内 正浩

『人間たちの庭』 / レーナ クルーン

『村役人のお仕事』 / 山﨑 善弘

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする