[日経新聞] 2018/12/1読書面で紹介された書籍

『「中東」の世界史』 / 臼杵 陽

『「死」とは何か』 / シェリー・ケーガン

『パワー』 / ナオミ・オルダーマン

『大名家の秘密』 / 氏家 幹人

『拗ね者たらん』 / 後藤 正治

『公卿会議』 / 美川 圭

『観音さま』 / 鎌田 茂雄

『マメな豆の話』 / 吉田 よし子

『東京「水流」地形散歩』 / 小林 紀晴

『「首尾一貫感覚」で心を強くする』 / 舟木 彩乃

『運命 文在寅自伝』 / 文在寅

『ペットと葬式』 / 鵜飼秀徳

『スッキリ中国論』 / 田中 信彦

『50(フィフティ)』 / ティム・ハーフォード

『国境なき助産師が行く』 / 小島 毬奈

『農家が消える』 / 寺西 俊一

『魯迅と紹興酒』 / 藤井 省三

『澤野工房物語』 / 澤野由明(澤野工房代表)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする