[週刊文春] 2018/11/1号で紹介された書籍

『ならず者たちのギャラリー』 / フィリップ・フック

『遊廓に泊まる』 / 関根 虎洸

『任務の終わり』 / スティーヴン キング


『ブラック・スクリーム』 / ジェフリー ディーヴァー

『ハラスメントゲーム』 / 井上由美子

『昭和の怪物 七つの謎』 / 保阪 正康

『究極のお洒落はメイド・イン・ジャパンの服』 / 片瀬平太

『ふたつのオリンピック』 / ロバート・ホワイティング

『時限感染』 / 岩木 一麻

『犬と猫の向こう側』 / 山田 あかね

『親鸞と聖徳太子』 / 島田 裕巳

『大統領の陰謀』 / ボブ ウッドワード

『またの名をグレイス』 / マーガレット・アトウッド


『平太郎に怖いものはない』 / スケラッコ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする