[週刊文春] 2018/10/25号で紹介された書籍

『誰のために法は生まれた』 / 木庭 顕

『私が誰かわかりますか』 / 谷川直子

『ドアを開けたら』 / 大崎梢

『ベルリンは晴れているか』 / 深緑 野分

『当事者研究と専門知』 / 熊谷晋一郎

『カメラはじめます!』 / こいしゆうか

『全国マン・チン分布考』 / 松本 修

『死に山』 / ドニー・アイカー

『海の歴史』 / ジャック・アタリ

『酒と人生の一人作法』 / 太田 和彦

『「働き方改革」の嘘』 / 久原 穏

『『碧巌録』を読む』 / 末木 文美士

『陽気なギャングは三つ数えろ』 / 伊坂幸太郎

『次女ちゃん』 / こやま こいこ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする