[週刊新潮] 2018/9/20号で紹介された書籍

『失われゆく日本』 / エバレット ケネディ ブラウン

『彼女は頭が悪いから』 / 姫野 カオルコ

『生き残り』 / 古処 誠二

『皇室番 黒革の手帖』 / 大木 賢一

『ゲッベルスと私』 / ブルンヒルデ・ポムゼル

『工場』 / 小山田 浩子

『フォッサマグナ』 / 藤岡 換太郎

『童の神』 / 今村翔吾

『ISOROKU』 / 柴田 哲孝

『ぼくらの家。』 / 光嶋裕介

『ほぼ命がけサメ図鑑』 / 沼口 麻子

『憲法が変わるかもしれない社会』 / 高橋 源一郎

『筧千佐子 60回の告白』 / 安倍龍太郎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする