[日経新聞] 2018/9/8読書面で紹介された書籍

『デザインされたギャンブル依存症』 / ナターシャ・ダウ・シュール

『立原道造: 故郷を建てる詩人』 / 岡村民夫

『ダークツーリズム拡張』 / 井出明

『インスタグラムと現代視覚文化論』 / レフ・マノヴィッチ

『VRは脳をどう変えるか? 仮想現実の心理学』 / ジェレミー ベイレンソン

『現場者』 / 大杉 漣

『嘘ばっかり』 / ジェフリー アーチャー

『カラス屋、カラスを食べる』 / 松原 始

『転職のまえに』 / 中沢 孝夫

『なぜ科学はストーリーを必要としているのか』 / ランディ・オルソン

『小売再生』 / ダグ・スティーブンス

『医療現場の行動経済学』 / 大竹 文雄

『エンジェル投資家』 / ジェイソン・カラカニス

『異なり記念日』 / 齋藤陽道

『マーシャル、父の戦場』 / 大川 史織

『ノモレ』 / 国分 拓

『単位は進化する』 / 安田正美

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする