[週刊新潮] 2018/9/13号で紹介された書籍

『信長の原理』 / 垣根 涼介

『文字の消息』 / 澤西 祐典

『劉裕 豪剣の皇帝』 / 小前 亮

『選べなかった命』 / 河合 香織

『私たちは生きづらさを抱えている』 / 姫野桂

『第四の扉』 / ポール アルテ

『カラス屋、カラスを食べる』 / 松原 始

『2666』 / ロベルト ボラーニョ

『友を待つ』 / 本城 雅人

『「それでもなお」の文学』 / 川本 三郎

『うつ病九段』 / 先崎 学

『感性は感動しない』 / 椹木 野衣

『開けられたパンドラの箱』 / 月刊『創』編集部編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする