[週刊文春] 2018/8/30号で紹介された書籍

『馬・車輪・言語』 / デイヴィッド・W. アンソニー


『ノーノー・ボーイ』 / ジョン オカダ

『マトリョーシカ・ブラッド』 / 呉勝浩

『十三階の神』 / 吉川 英梨

『一億円のさようなら』 / 白石 一文

『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』 / デイヴィッド・S・キダー

『燃える波』 / 村山 由佳

『樹海考』 / 村田 らむ

『実在とは何か』 / ジョルジョ・アガンベン

『日本の城』 / 香川元太郎

『警備ビジネスで読み解く日本』 / 田中智仁

『天才はあきらめた』 / 山里亮太

『巨神覚醒』 / シルヴァン・ヌーヴェル


『開けられたパンドラの箱』 / 月刊『創』編集部編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする