[日経新聞] 2018/8/11 読書面で紹介された書籍

『歴史は実験できるのか』 / ジャレド・ダイアモンド

『藤原彰子』 / 朧谷 寿

『モラルの話』 / J.M. クッツェー

『ある世捨て人の物語』 / マイケル・フィンケル

『プロパガンダの文学』 / 五味渕 典嗣

『炭鉱町に咲いた原貢野球』 / 澤宮 優

『奪われた家/天国の扉』 / フリオ コルタサル

『物語 アラビアの歴史』 / 蔀 勇造

『高橋名人のゲーム35年史』 / 高橋名人

『タイワニーズ』 / 野嶋 剛

『蜂と蟻に刺されてみた』 / ジャスティン・O・シュミット

『おもてなし幻想』 / マシュー・ディクソン

『WHAT HAPPENED 何が起きたのか?』 / ヒラリー・ロダム・クリントン

『獣でなぜ悪い』 / 園 子温

『医療4.0』 / 加藤 浩晃

『やや黄色い熱をおびた旅人』 / 原田 宗典

『志士から英霊へ』 / 小島 毅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする