[週刊文春] 2018/8/9号で紹介された書籍

『消された信仰』 / 広野 真嗣

『ディス・イズ・ザ・デイ』 / 津村記久子

『IQ』 / ジョー イデ

『遭難信号』 / キャサリン・ライアン・ハワード

『天地に燦たり』 / 川越 宗一

『一〇一歳の習慣』 / 高橋幸枝

『人体の冒険者たち』 / ギャヴィン・フランシス

『絵金、闇を塗る』 / 木下 昌輝

『裸のJリーガー』 / 大泉実成

『何ものにも縛られないための政治学』 / 栗原 康

『暴走する能力主義』 / 中村 高康

『ケルトの歴史と文化』 / 木村 正俊

『トリフィド時代』 / ジョン・ウィンダム

『水木先生とぼく』 / 水木プロダクション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする