[日経新聞] 2018/7/14 読書面で紹介された書籍

『八九六四』 / 安田 峰俊

『漢倭奴国王から日本国天皇へ』 / 冨谷 至

『火環』 / 村田 喜代子

『三つの空白』 / 鵜飼 哲夫

『ディス・イズ・ザ・デイ』 / 津村記久子

『手塚番』 / 佐藤 敏章

『安岡章太郎』 / 安岡 章太郎

『暴走する能力主義』 / 中村 高康

『海賊の日本史』 / 山内 譲

『“社風”の正体』 / 植村 修一

『アイルランド革命』 / 小関 隆

『警備ビジネスで読み解く日本』 / 田中智仁

『新時代「戦争論」』 / マーティン・ファン・クレフェルト

『一発屋芸人列伝』 / 山田ルイ53世

『民主政とポピュリズム』 / 佐々木 毅

『さよなら、インターネット』 / 武邑 光裕

『北欧流「ふつう」暮らしからよみとく環境デザイン』 / 北欧環境デザイン研究会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする