[日経新聞] 2018/7/7 読書面で紹介された書籍

『太陽を創った少年』 / トム クラインズ

『もいもい』 / 市原 淳

『生きるとか死ぬとか父親とか』 / ジェーン・スー

『パンと野いちご』 / 山崎 佳代子

『大英帝国の歴史』 / ニーアル・ファーガソン

『アイデアの発見』 / 杉山恒太郎

『データの見えざる手』 / 矢野 和男

『古代ローマ旅行ガイド』 / フィリップ マティザック

『近代日本の構造』 / 坂野 潤治

『EVと自動運転』 / 鶴原 吉郎

『小倉昌男』 / 沼上 幹

『マヤ探検記』 / ウィリアム・カールセン

『熱海の奇跡』 / 市来 広一郎

『中国の「一帯一路」構想の真相』 / トム ミラー

『さざなみのよる』 / 木皿 泉

『脱ポピュリズム国家』 / 八代 尚宏

『高専教育の発見』 / 矢野 眞和

『しない。』 / 群 ようこ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする