[日経新聞] 2018/6/23 読書面で紹介された書籍

『遅刻してくれて、ありがとう』 / トーマス・フリードマン

『飛ぶ孔雀』 / 山尾 悠子

『先史学者プラトン』 / メアリー・セットガスト

『水族館の文化史』 / 溝井裕一

『日本語総まとめ』 / 佐々木仁子

『六〇年安保』 / 西部 邁

『フランシス・ベイコン・インタヴュー』 / デイヴィッド シルヴェスター

『戦後と災後の間』 / 吉見 俊哉

『日本の醜さについて』 / 井上 章一

『アジアに生きるイスラーム』 / 笹川平和財団

『億万長者サッカークラブ』 / ジェームズ・モンタギュー

『評伝ロバート・モーゼス』 / 渡邉 泰彦

『日本の原子力外交』 / 武田 悠

『泣きかたをわすれていた』 / 落合恵子

『経営者』 / 永野 健二

『青年海外協力隊は何をもたらしたか』 / 岡部恭宜

『二人の京都市長に仕えて』 / 塚本 稔

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする