[朝日新聞] 2018/6/10読書面で紹介された書籍

『革命』 / エマニュエル マクロン

『エマニュエル・マクロン』 / アンヌ・フルダ

『背中の地図 金時鐘詩集』 / 金 時鐘

『少しだけ「政治」を考えよう!』 / 島村 輝

『私の少女マンガ講義』 / 萩尾 望都

『言葉の魂の哲学』 / 古田 徹也

『知ってるつもり』 / スティーブン スローマン

『マヤ探検記』 / ウィリアム・カールセン

『グローバル化する靖国問題』 / 早瀬 晋三

『ストレッチ』 / スコット・ソネンシェイン

『ニュルンベルク合流』 / フィリップ・サンズ

『未必のマクベス』 / 早瀬耕

『ハレのヒ』 / フジモト

『自我論集』 / ジークムント フロイト

『定年準備』 / 楠木 新

『脇役本』 / 濵田 研吾

『彼女がエスパーだったころ』 / 宮内 悠介

『ピラミッド』 / 河江 肖剰

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする