[週刊新潮] 2018/5/31号で紹介された書籍

『凶犬の眼』 / 柚月裕子

『新しきイヴの受難』 / アンジェラ カーター

『虚の聖域』 / 松嶋 智左

『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』 / 内田 洋子

『一日の苦労は、その日だけで十分です』 / 三浦 綾子

『変愛小説集』 / 岸本 佐知子

『素人力』 / 長坂信人

『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』 / 津川 友介

『十五の夏』 / 佐藤 優

『オリンピックへ行こう!』 / 真保 裕一

『定年後に夫婦仲良く暮らすコツ』 / 清水 義範

『Baby Makers インドの代理母たち』 / ギーター アラヴァムダン

『フィリップ・マーロウの教える生き方』 / レイモンド チャンドラー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする