[産経新聞] 2018/4/22読書面で紹介された書籍

『ラブという薬』 / いとう せいこう

『密談の戦後史』 / 塩田 潮

『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』 / コリン・ジョイス

『ベラスケスのキリスト』 / M.デ・ウナムーノ

『悩む人ほど強くなる』 / 斎藤 茂太

『トコヤ・ロード』 / 林朋彦

『写真のなかの江戸』 / 金行 信輔

『祝祭の日々』 / 高崎 俊夫

『インド・シフト』 / 武鑓 行雄

『広く弱くつながって生きる』 / 佐々木 俊尚

『最強の商品開発』 / M. ラマヌジャム

『想像力欠如社会』 / 水島 宏明 編

『戦前の怪談』 / 田中 貢太郎

『らいちょうころころ』 / 戸塚 学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする