[日経新聞] 2018/4/21読書面で紹介された書籍

『誰もが嘘をついている』 / セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ

『小屋を燃す』 / 南木 佳士

『百貨店の展覧会』 / 志賀 健二郎

『キュレーションの方法』 / ハンス・ウルリッヒ・オブリスト

『私の少女マンガ講義』 / 萩尾 望都

『私はガス室の「特殊任務」をしていた』 / シュロモ ヴェネツィア

『禅談』 / 澤木 興道

『地元経済を創りなおす』 / 枝廣 淳子

『江戸の科学者』 / 新戸 雅章

『私はすでに死んでいる』 / アニル・アナンサスワーミー

『伝説のハッカーが教える 超監視社会で身をまもる方法』 / ケビン・ミトニック

『公文書問題』 / 瀬畑 源

『職場のハラスメント』 / 大和田 敢太

『蘇るサバ缶』 / 須田 泰成

『密談の戦後史』 / 塩田 潮

『文化戦争』 / ネイトー・トンプソン

『誤解された大統領』 / 井口 治夫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする