[週刊文春] 2018/4/26号で紹介された書籍

『老いぼれ記者魂』 / 早瀬 圭一

『グッバイ、レニングラード』 / 小林 文乃

『祈りのカルテ』 / 知念 実希人

『コンタミ 科学汚染』 / 伊与原 新

『盗まれる大学』 / ダニエル ゴールデン

『子どもの脳を傷つける親たち』 / 友田 明美

『旅する江戸前鮨』 / 一志 治夫

『お弁父』 / 和田 率

『ヒマラヤ 生と死の物語』 / 池田 常道

『ファクトチェックとは何か』 / 立岩 陽一郎

『身体が生み出すクリエイティブ』 / 諏訪 正樹

『君主論』 / マキアヴェリ

『長く暗い魂のティータイム』 / ダグラス アダムス

『天使とアクト!!』 / ひらかわ あや

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする