[日経新聞] 2018/3/17読書面で紹介された書籍

『絶滅危惧種ビジネス』 / エミリー・ボイト

『嘘つきジュネ』 / タハール・ベン・ジェルーン

『元禄六花撰』 / 野口 武彦

『勘定奉行の江戸時代』 / 藤田 覚

『海峡を渡る幽霊』 / 李昂

『子規居士の周囲』 / 柴田 宵曲

『ロンドン・デイズ』 / 鴻上 尚史

『平和をつくるを仕事にする』 / 鬼丸 昌也

『気象で見直す日本史の合戦』 / 松嶋 憲昭

『物事のなぜ』 / ピーター・ラビンズ

『外地巡礼』 / 西 成彦

『日本人は知らない中国セレブ消費』 / 袁 静

『リーマン・ショック 元財務官の回想録』 / 篠原 尚之

『それまでの明日』 / 原 りょう

『ドーナツ経済学が世界を救う』 / ケイト ラワース

『ダダイズム』 / 塚原 史

『『蝶々夫人』と日露戦争』 / 萩谷 由喜子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする