[日経新聞] 2018/3/10読書面で紹介された書籍

『「未解」のアフリカ』 / 石川 薫

『消えたベラスケス』 / ローラ カミング

『日本語 笑いの技法辞典』 / 中村 明

『スポーツ雑誌のメディア史』 / 佐藤 彰宣

『隠れナチを探し出せ』 / アンドリュー・ナゴルスキ

『家と庭と犬とねこ』 / 石井 桃子

『世界を変えた暦の歴史』 / 谷岡 一郎

『プロ野球と鉄道』 / 田中 正恭

『AIに心は宿るのか』 / 松原 仁

『津波の霊たち』 / リチャード ロイド パリー

『ポスト・オリエンタリズム』 / ハミッド・ダバシ

『ウルフ・ボーイズ』 / ダン・スレーター

『「親米」日本の誕生』 / 森 正人

『映画のキャッチコピー学』 / 樋口 尚文

『年金制度の展望』 / 坪野 剛司

『大予測 次に来るキーテクノロジー』 / 城田 真琴

『創造&老年』 / 横尾 忠則

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする