[日経サイエンス] 2018/4月号で紹介された書籍

『138億年宇宙の旅』 / クリストフ ガルファール

『種子』 / ソーア・ハンソン

『時空のさざなみ』 / Schilling Govert

『人類の進化が病を生んだ』 / ジェレミー テイラー

『不確かな医学』 / シッダールタ・ムカジー

『雑草はなぜそこに生えているのか』 / 稲垣 栄洋

『歴史を変えた100の大発見 脳』 / 石浦 章一

『第一人者が明かす光触媒のすべて』 / 藤嶋 昭

『脳の誕生』 / 大隅 典子

『プログラマの数学』 / 結城 浩

『虐待が脳を変える』 / 友田 明美

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする