[日経新聞] 2018/2/24 読書面で紹介された書籍

『戦前日本のポピュリズム』 / 筒井 清忠

『ハリー・ニルソンの肖像』 / アリン・シップトン

『百年泥』 / 石井 遊佳

『刑務所の読書クラブ』 / ミキータ・ブロットマン

『中世の喫茶文化』 / 橋本 素子

『オンブレ』 / エルモア レナード

『志らくの言いたい放題』 / 立川 志らく

『「最前線の映画」を読む』 / 町山 智浩

『社会をつくる「物語」の力』 / 木村草太

『スーパーインテリジェンス』 / ニック・ボストロム

『評伝 ゲルハルト・リヒター』 / ディートマー・エルガー

『九十八歳になった私』 / 橋本 治

『米中海戦はもう始まっている』 / 徳地 秀士

『人類の進化が病を生んだ』 / ジェレミー テイラー

『人生100年時代の国家戦略』 / 藤沢 烈

『転換日本』 / 月尾 嘉男

『あなたはアベノミクスで幸せになれるか?』 / 市川 眞一

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする