[日経新聞] 2018/2/3読書面で紹介された書籍

『盗まれる大学』 / ダニエル ゴールデン

『不死身の特攻兵』 / 鴻上 尚史

『硬きこと水のごとし』 / 閻 連科

『いのち』 / 瀬戸内 寂聴

『巡り逢う才能』 / ヒュー・マクドナルド

『文字に美はありや。』 / 伊集院 静

『日本の土偶』 / 江坂 輝彌

『偉人たちのあんまりな死に方』 / ジョージア ブラッグ

『内村鑑三 悲しみの使徒』 / 若松 英輔

『ゴールをぶっ壊せ』 / 影山 ヒロノブ

『DEEP THINKING』 / ガルリ・カスパロフ

『猫はこうして地球を征服した』 / アビゲイル・タッカー

『テヘランからきた男』 / 児玉 博

『佐藤栄作』 / 服部龍二

『幸福な水夫』 / 木村 友祐

『アメリカ 暴力の世紀』 / ジョン・W.ダワー

『日本の介護』 / 中村 二朗

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする