[週刊文春] 2018/2/1号で紹介された書籍

『七年の夜』 / チョン・ユジョン

『テヘランからきた男』 / 児玉 博

『毎年、記憶を失う彼女の救いかた』 / 望月 拓海

『オーパーツ 死を招く至宝』 / 蒼井 碧

『カーテンコール!』 / 加納 朋子

『ハンナ・アーレント『全体主義の起原』』 / 仲正 昌樹

『戦争調査会』 / 井上 寿一

『ゲノムが語る人類全史』 / アダム ラザフォード

『「鬼平犯科帳」 から見える東京21世紀』 / 小松 健一

『母・娘・祖母が共存するために』 / 信田さよ子

『ドキュメント 新右翼』 / 山平 重樹

『ブータンの瘋狂聖』 / ゲンドゥン・リンチェン

『ハードボイルド・スクールデイズ』 / 鳥畑 良

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする