[日経新聞] 2017/12/23書評欄で紹介された書籍

『シナリオ分析 異次元緩和脱出』 / 高田 創

『火定』 / 澤田 瞳子

『文学問題(F+f)+』 / 山本 貴光

『たゆたえども沈まず』 / 原田 マハ

『仙人と呼ばれた男』 / 田村 祥蔵

『古本で見る昭和の生活』 / 岡崎 武志

『日本の詩歌』 / 大岡 信

『お殿様、外交官になる』 / 熊田 忠雄

『おにぎりと日本人』 / 増淵 敏之

『政治経済の生態学』 / スヴェン・スタインモ

『幕末的思考』 / 野口 良平

『種子』 / ソーア・ハンソン

『文化資本』 / ロバート ヒューイソン

『スクリプトドクターのプレゼンテーション術』 / 三宅隆太

『ECB 欧州中央銀行』 / 唐鎌 大輔

『破天荒弁護士クボリ伝』 / 久保利英明

『映画は歴史、 映画はジャーナリズム。』 / 大林 宣彦

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする