[週刊文春] 2017/12/28号で書評された書籍

『黙殺』 / 畠山 理仁

『退屈すれば脳はひらめく』 / マヌーシュ・ゾモロディ

『偽りのレベッカ』 / アンナ・スヌクストラ

『スパイたちの遺産』 / ジョン ル・カレ

『ぼくせん 幕末相撲異聞』 / 木村 忠啓

『友情』 / 山中 伸弥

『儒教が支えた明治維新』 / 小島 毅

『飼う人』 / 柳 美里

『次の突き当たりをまっすぐ』 / いしわたり 淳治

『お金2.0』 / 佐藤 航陽

『聖書、コーラン、仏典』 / 中村 圭志

『世界一「考えさせられる」入試問題』 / ジョン ファーンドン

『虚ろなる十月の夜に』 / ロジャー・ゼラズニイ

『午后のあくび』 / コマツシンヤ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする