[日経新聞] 2017/12/16書評欄で紹介された書籍

『テトリス・エフェクト』 / ダン・アッカーマン

『セロニアス・モンク』 / ロビン・ケリー

『兼好法師』 / 小川 剛生

『三美スーパースターズ 最後のファンクラブ』 / パク ミンギュ

『深読み日本文学』 / 島田 雅彦

『花筐』 / 檀 一雄

『麺の歴史 ラーメンはどこから来たか』 / 奥村 彪生

『動物園ではたらく』 / 小宮輝之

『縄文の思想』 / 瀬川 拓郎

『子どもの貧困対策と教育支援』 / 末冨 芳

『サルは大西洋を渡った』 / アラン・デケイロス

『なぜ中国人は財布を持たないのか』 / 中島 恵

『転げ落ちない社会』 / 宮本 太郎

『はやく老人になりたいと彼女はいう』 / 伊藤 たかみ

『欧州統合は行きすぎたのか』 / G.マヨーネ

『憲法と世論』 / 境家 史郎

『宝石』 / エイジャー・レイデン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする