[読売新聞] 2017/12/3書評欄で紹介された書籍

『嘘の木』 / フランシス・ハーディング

『マッドジャーマンズ』 / ビルギット・ヴァイエ

『最後のソ連世代』 / アレクセイ・ユルチャク

『内乱の政治哲学』 / 神崎 繁

『東芝の悲劇』 / 大鹿 靖明

『失踪の社会学』 / 中森 弘樹

『トラクターの世界史』 / 藤原 辰史

『出羽三山』 / 岩鼻 通明

『パレスチナ現代史』 / 内藤 陽介

『拈華』 / 緒方 慎一郎

『〈水俣病〉事件の61年』 / 富樫 貞夫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする