[日経新聞] 2017/10/14書評欄で紹介された書籍

『世界からバナナがなくなるまえに』 / ロブ・ダン

『魅了されたニューロン』 / ピエール ブーレーズ

『親鸞と日本主義』 / 中島岳志

『江戸時代 恋愛事情』 / 板坂則子

『大惨事と情報隠蔽』 / ドミトリ チェルノフ

『黒猫ジュリエットの話』 / 森茉莉

『弱虫日記』 / 足立 紳

『統計は暴走する』 / 佐々木 彈

『ねじ曲げられた「イタリア料理」』 / ファブリツィオ・グラッセッリ

『町を住みこなす』 / 大月 敏雄

『ホワイトハウスのピアニスト』 / ナイジェル・クリフ

『消費大陸アジア』 / 川端 基夫

『人口減少と社会保障』 / 山崎 史郎

『東京の夫婦』 / 松尾スズキ

『中国の海洋侵出を抑え込む』 / 日本安全保障戦略研究所

『「いい会社」ってどんな会社ですか?』 / 塚越 寛

『本気になって何が悪い』 / 唐池 恒二

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする