[日経新聞] 2017/10/7書評欄で紹介された書籍

『ジョブ理論』 / クレイトン M クリステンセン

『映画とキリスト』 / 岡田 温司

『湖畔荘』 / ケイト・モートン

『帝都防衛』 / 土田 宏成

『国宝の政治史』 / 家永 真幸

『えほんのせかい こどものせかい』 / 松岡 享子

『ヒトラーとは何か』 / セバスチャン ハフナー

『漱石先生の手紙が教えてくれたこと』 / 小山 慶太

『山本直純と小澤征爾』 / 柴田克彦

『仕事と家庭は両立できない?』 / アン=マリー・スローター

『動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか』 / フランス・ドゥ・ヴァール

『ジハード主義』 / 保坂 修司

『アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々』 / ジョーン・C・ウィリアムズ

『私のヴァイオリン』 / 前橋 汀子

『「元号」と戦後日本』 / 鈴木洋仁

『田舎暮らしと哲学』 / 木原 武一

『スーパー望遠鏡「アルマ」の創造者たち』 / 山根一眞

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする