[週刊文春] 2017/10/12号で書評された書籍

『無冠、されど至強』 / 木村 元彦

『13・67』 / 陳 浩基

『人形は指をさす』 / ダニエル コール

『死者の雨』 / ベルナール ミニエ

『ホワイトラビット』 / 伊坂 幸太郎

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』 / 西原 理恵子

『動物になって生きてみた』 / チャールズ フォスター

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』 / 町田 そのこ

『こわいもの知らずの病理学講義』 / 仲野徹

『ボージャングルを待ちながら』 / オリヴィエ・ブルドー

『なぜ人工知能は人と会話ができるのか』 / 三宅 陽一郎

『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』 / 奥野 修司

『マインドハンター』 / ジョン ダグラス&マーク オルシェイカー

『月曜日の友達』 / 阿部共実

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする