[週刊新潮] 2017/10/5号で書評された書籍

『機龍警察 狼眼殺手』 / 月村 了衛

『夫婦の中のよそもの』 / エミール・クストリッツァ

『宝石鳥』 / 鴇澤 亜妃子

『広辞苑はなぜ生まれたか』 / 新村 恭

『幻の黒船カレーを追え』 / 水野 仁輔

『死の舞踏』 / スティーヴン キング

『ハプスブルク帝国』 / 岩崎 周一

『大人のための国語ゼミ』 / 野矢 茂樹

『2030年ジャック・アタリの未来予測』 / ジャック・アタリ

『院長選挙』 / 久坂部 羊

『性表現規制の文化史』 / 白田 秀彰

『外連(けれん)の島・沖縄』 / 篠原章

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする