[日経サイエンス] 2017/11号で書評された書籍

『物理学は世界をどこまで解明できるか』 / マルセロ・グライサー

『芸術・無意識・脳』 / エリック・R・カンデル

『重力波で見える宇宙のはじまり』 / ピエール・ビネトリュイ

『意識の進化的起源』 / トッド・E. ファインバーグ

『世界からバナナがなくなるまえに』 / ロブ・ダン

『マンボウのひみつ』 / 澤井 悦郎

『パリコレで数学を』 / 阿原 一志

『細胞生物物理学者への道』 / 井上信也

『食べる:生命の教養学12』 / 赤江 雄一

『海のクワガタ採集記』 / 太田 悠造

『最新 理論言語学用語事典』 / 畠山 雄二

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする