[週刊文春] 2017/9/21号で書評された書籍

『息子と狩猟に』 / 服部 文祥

『声をかける』 / 高石 宏輔

『希望が死んだ夜に』 / 天祢 涼

『マツリカ・マトリョシカ』 / 相沢 沙呼

『ほしのこ』 / 山下 澄人

『あの会社はこうして潰れた』 / 帝国データバンク情報部藤森徹

『さらさら流る』 / 柚木 麻子

『アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々』 / ジョーン・C・ウィリアムズ

『神の涙』 / 馳 星周

『人形たちの白昼夢』 / 千早 茜

『「代謝」がわかれば身体がわかる』 / 大平 万里

『儒教 怨念と復讐の宗教』 / 浅野 裕一

『ヤキトリ1』 / カルロ・ゼン

『少年たちのいるところ』 / 古屋 兎丸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする