[週刊東洋経済] 2017/9/16号で書評された書籍

『隣国への足跡』 / 黒田 勝弘

『大不平等』 / ブランコ・ミラノヴィッチ

『アマゾノミクス』 / アンドレアス ワイガンド

『移りゆく社会に抗して』 / 村上陽一郎

『祖父母であること』 / 安藤 究

『銀行員大失業時代』 / 森本 紀行

『食は「県民性」では語れない』 / 野瀬 泰申

『重力波で見える宇宙のはじまり』 / ピエール・ビネトリュイ

『ゲノム編集を問う』 / 石井 哲也

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする