[日経新聞] 2017/9/2書評欄で紹介された書籍

『かくて行動経済学は生まれり』 / マイケル ルイス

『RED ヒトラーのデザイン』 / 松田行正

『僕には世界がふたつある』 / ニール・シャスタマン

『幻の黒船カレーを追え』 / 水野 仁輔

『オープン・シティ』 / テジュ コール

『バナナ』 / 獅子 文六

『花のようなひと』 / 佐藤 正午

『ストラディヴァリとグァルネリ』 / 中野 雄

『儀式でうたうやまと歌』 / 犬飼 隆

『日本の人事を科学する』 / 大湾 秀雄

『日本の長い戦後』 / 橋本 明子

『忘却の引揚げ史』 / 下川 正晴

『世界を分断する「壁」』 / アレクサンドラ・ノヴォスロフ

『警視庁 生きものがかり』 / 福原 秀一郎

『現代中国の中産階級』 / 周 倩

『アメリカは尖閣を守るか』 / 大島 隆

『ことばだけでは伝わらない』 / 西江雅之

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする