[週刊東洋経済] 2017/8/12号で書評された書籍

『見落とされた癌』 / 竹原 慎二

『日本の人事を科学する 因果推論に基づくデータ活用』 / 大湾 秀雄

『社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた』 / スディール ヴェンカテッシュ

『人類はなぜ肉食をやめられないのか: 250万年の愛と妄想のはてに』 / マルタ・ザラスカ

『人口減少時代の土地問題 – 「所有者不明化」と相続、空き家、制度のゆくえ (中公新書)』 / 吉原 祥子

『サイバー犯罪入門 国もマネーも乗っ取られる衝撃の現実 (幻冬舎新書)』 / 足立 照嘉

『(099)お化けの愛し方: なぜ人は怪談が好きなのか (ポプラ新書)』 / 荒俣 宏

『在日米軍 変貌する日米安保体制 (岩波新書)』 / 梅林 宏道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする