[週刊新潮] 2017/8/10号で書評された書籍

『木に登る王』 / スティーヴン・ミルハウザー

『戦う姫、働く少女』 / 河野 真太郎

『暗闇のアリア』 / 真保 裕一

『戦争がつくった現代の食卓』 / アナスタシア・マークス・デ・サルセド

『なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか』 / 立川 談慶

『英国諜報員アシェンデン』 / サマセット モーム

『日本の暗黒事件』 / 森 功

『日本一楽しい漢字ドリル』 / 文響社(編集)

『竜宮城と七夕さま』 / 浅田 次郎

『ことばの万華鏡』 / 一海 知義

『珍しい日記』 / 田中 珍彦

『もっとヘンな論文』 / サンキュータツオ

『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』 / 竹中 功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする