[週刊新潮] 2017/7/20号で書評された書籍

『カンパニー』 / 伊吹 有喜

『星の子』 / 今村夏子

『某には策があり申す』 / 谷津矢車

『路地の子』 / 上原 善広

『フロスト始末』 / R・D・ウィングフィールド

『医療者が語る答えなき世界』 / 磯野 真穂

『多動力』 / 堀江 貴文

『絶望を生きる哲学』 / 池田 晶子

『象徴天皇制の成立』 / 茶谷 誠一

『さらば愛と憎しみのアメリカ』 / 田原総一朗

『先生、犬にサンショウウオの捜索を頼むのですか!』 / 小林 朋道

『せいきの大問題』 / 木下 直之

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする