[読売新聞] 2017/7/9書評欄で紹介された書籍

『球道恋々』 / 木内 昇

『林檎の木から、遠くはなれて』 / トレイシー シュヴァリエ

『ちいさい言語学者の冒険』 / 広瀬 友紀

『日米の衝突』 / ウォルター ラフィーバー

『台湾北部タイヤル族から見た近現代史』 / 菊池一隆

『音楽と沈黙 1』 / ローズ トレメイン

『石、転がっといたらええやん。』 / 岸田繁

『昭和天皇をポツダム宣言受諾に導いた哲学者』 / 山内 廣隆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする