[週刊新潮] 2017/6/29号で書評された書籍

『ピンポン』 / パク・ミンギュ

『囚われの島』 / 谷崎 由依

『フェイスレス』 / 黒井 卓司

『「男はつらいよ」を旅する』 / 川本 三郎

『家をせおって歩いた』 / 村上慧

『忘れられた花園』 / ケイト・モートン

『女の機嫌の直し方』 / 黒川 伊保子

『NHK ニッポン戦後サブカルチャー史』 / 宮沢 章夫

『謀叛の児』 / 加藤直樹

『ウメサオタダオが語る、梅棹忠夫』 / 小長谷有紀

『岸田森』 / 武井 崇

『ミステリ国の人々』 / 有栖川 有栖

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする