[日経新聞] 2017/6/17号で書評された書籍

『ポピュリズムとは何か』 / ヤン=ヴェルナー・ミュラー

『POWERS OF TWO』 / ジョシュア・ウルフ・シェンク

『最愛の子ども』 / 松浦 理英子

『続・寂聴伝』 / 齋藤 愼爾

『うつ病休職』 / 中嶋聡

『ゼロからわかる虚数』 / 深川和久

『あじフライを有楽町で』 / 平松 洋子

『みんなの朝ドラ』 / 木俣 冬

『声優道』 / 岩田 光央

『ペンタゴンの頭脳』 / アニー・ジェイコブセン

『ゲンロン0』 / 東 浩紀

『アジアの終わり』 / マイケル・オースリン

『ジャズ・アンバサダーズ』 / 齋藤 嘉臣

『僕を作った66枚のレコード』 / 松村 雄策

『日本の製造業はIoT先進国ドイツに学べ』 / 熊谷 徹

『女性市場攻略法』 / 三菱総合研究所

『ダイエットの科学』 / ティム・スペクター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする