[朝日新聞] 2017/6/4書評欄で紹介された書籍

『ポピュリズムとは何か』 / ヤン=ヴェルナー・ミュラー

『百年の散歩』 / 多和田 葉子

『字が汚い!』 / 新保 信長

『原点 THE ORIGIN』 / 安彦 良和

『ハイン 地の果ての祭典』 / アン チャップマン

『人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?』 / 山本 一成

『ハナモゲラ和歌の誘惑』 / 笹 公人

『グリーンスパンの隠し絵』 / 村井 明彦

『マーズ 火星移住計画』 / レオナード・デイヴィッド

『宇宙には誰かいますか?』 / 佐藤勝彦

『人類の住む宇宙』 / 岡村 定矩

『行こう、どこにもなかった方法で』 / 寺尾玄

『ウニはすごい バッタもすごい』 / 本川 達雄

『人間とは何か』 / マーク・トウェイン

『A』 / 中村 文則

『戦後日本のジャズ文化』 / マイク・モラスキー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする