[日経新聞] 2017/6/3書評欄で紹介された書籍

『モラル・エコノミー』 / サミュエル・ボウルズ

『勉強の哲学』 / 千葉 雅也

『猿神のロスト・シティ』 / ダグラス・プレストン

『ゾンビ学』 / 岡本 健

『唐十郎 特別講義』 / 唐十郎

『夫・車谷長吉』 / 高橋 順子

『カネと暴力の系譜学』 / 萱野 稔人

『若き日の山』 / 串田孫一

『東京いい道、しぶい道』 / 泉 麻人

『万葉集から古代を読みとく』 / 上野 誠

『中国政治からみた日中関係』 / 国分 良成

『『新しき土』の真実』 / 瀬川 裕司

『外国人の子ども白書』 / 荒牧 重人

『Suicaが世界を制覇する』 / 岩田 昭男

『ある日うっかりPTA』 / 杉江 松恋

『圧倒的な強さを築く』 / ウィリアム C. テイラー

『日本の医療と介護』 / 池上 直己

『アメクラ! アメリカン・クラシックのススメ』 / 能地祐子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする