[週刊文春] 2017/5/18号で書評された書籍

『夜の谷を行く』 / 桐野 夏生

『原点 THE ORIGIN』 / 安彦 良和

『中動態の世界 意志と責任の考古学』 / 國分功一郎

『ハリネズミの願い』 / トーン テレヘン

『たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場』 / 吉川 圭三

『ありのままのアンデルセン』 / マイケル ブース

『飛躍への挑戦』 / 葛西敬之

『サボる政治』 / 坂本 英二

『宣教師と『太平記』』 / 神田 千里

『『老子』 その思想を読み尽くす』 / 池田 知久

『デカメロン』 / ボッカッチョ

『うちのクラスの女子がヤバい』 / 衿沢 世衣子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする