[週刊新潮] 2017/3/16号で書評された書籍

『終りなき夜に生れつく』 / 恩田 陸

『ゆらぐ玉の緒』 / 古井 由吉

『鬼門の将軍』 / 高田 崇史

『毒々生物の奇妙な進化』 / クリスティー ウィルコックス

『V&R映像 黒と白』 /

『悪魔の星』 / ジョー ネスボ

『制裁』 / アンデシュ・ルースルンド

『湿地』 / アーナルデュル・インドリダソン

『口腔医療革命 食べる力』 / 塩田 芳享

『まんがでわかる 伝え方が9割』 / 佐々木 圭一

『文学とワイン』 / 山内 宏泰

『音の糸』 / 堀江 敏幸

『伝えることから始めよう』 / 高田 明

『洋食ウキウキ』 / 今 柊二

『なぜアマゾンは1円で本が売れるのか』 / 武田徹

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする