[朝日新聞] 2017/3/5書評欄で紹介された書籍

『騎士団長殺し』 / 村上 春樹

『サザビーズで朝食を』 / フィリップ・フック

『複数性のエコロジー』 / 篠原 雅武

『脳はなぜ都合よく記憶するのか』 / ジュリア・ショウ

『縫わんばならん』 / 古川 真人

『ヤズディの祈り』 / 林典子

『復興キュレーション』 / 加藤 幸治

『皇族と天皇』 / 浅見 雅男

『津波のまちに生きて』 / 川島 秀一

『あなたが最期の最期まで生きようと、むき出しで立ち向かったから』 / 須藤 洋平

『YOKAI NO SHIMA』 / シャルル・フレジェ

『新シニア市場攻略のカギはモラトリアムおじさんだ!』 / 株式会社ビデオリサーチひと研究所

『東日本大震災〝あの日〟そして6年』 / 倉又 光顕

『我が名は、カモン』 / 犬童 一心

『夜行』 / 森見 登美彦

『破壊された男』 / アルフレッド・ベスター

『ブラウン神父の童心』 / G・K・チェスタトン

『おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱』 / オキシ タケヒコ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする