[週刊文春] 2017/1/19号で書評された書籍

『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』 / 大崎 善生著

『バブル:日本迷走の原点』 / 永野 健二著

『偽りの襲撃者』 / サンドラ ブラウン著

『氷結』 / ベルナール ミニエ著

『ニューヨークの魔法の約束』 / 岡田 光世著

『重版未定』 / 川崎昌平著

『宇宙災害』 / 片岡 龍峰著

『銀婚式』 / 三田 寛子著

『村上春樹と私』 / ジェイ ルービン著

『『日本書紀』の呪縛』 / 吉田 一彦著

『カウンター・ポイント』 / サラ・パレツキー著

『『あしたのジョー』と梶原一騎の奇跡』 / 斎藤貴男著

『メフィストの漫画』 / 喜国 雅彦著

『N女の研究』 / 中村安希著

『あのこは貴族』 / 山内 マリコ著

『メメントモリ・ジャーニー』 / メレ山 メレ子著

『十字路が見える』 / 北方 謙三著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする